10/14(土) 医療と介護をつなぐ看取りケア

  1. 時間・場所
    13:30~16:30 福島テルサ 4Fつきのわ (福島市上町4−25)
  2. 人数
    40名(先着順)
  3. 参加料
    3,000円  *正会員2,400円 賛助会員2,700円
  4. 講師
    医療法人社団鈴木医院 院長 鈴木信行 先生
  5. 内容
    看取りの意義と介護に関わる知識を身に付け、利用者やその家族との関わり方について学びます。
    ※お聞きしたいことや困難に感じていることを事前アンケートでお伺いいたします。
    • 看取りの意義・在宅緩和ケア

    • 緊急時対応(気づき・準備等)

    • 全身状態(PS)とは

    • 利用者やその家族との関わり方 等

  6. 参加者の声(H28年)
    • 在宅での看取りのお話でしたが、施設でも看取りの気持ちは同じだと思いますので、今後も利用者様、ご家族様に寄り添って対応し、心穏やかに迎えることができるようにしていきたいと考えます。
    • 心に響く講演でとても勉強になり考えさせられました。在宅のケアマネとして働いており、どうしても自分の価値観を押し付けて、家族はこうあるべきと思っていた部分がありました。今日の講演を聞いて、色々な家族がいていいんだ、色々なあり方があるのだと改めて感じました。