12/4(月) リスクヘッジを意識した介護記録の書き方

  1. 時間・場所
    10:00~16:00
    福島県文化センター 2階会議室兼展示室 (福島市春日町5-54)
  2. 人数
    40名(先着順)
  3. 参加料
    5,000円  *正会員4,000円 賛助会員4,500円
  4. 講師
    大妻女子大学
    人間関係学部名誉教授 是枝祥子 先生
  5. 内容
    事故・訴訟が起きた時のリスクヘッジを意識した記録の書き方を学び、実際に事例を考えながら作成します。
    • 介護記録の基本的な書き方

    • 観察時の書き方

    • 事故報告書の書き方
    • ヒヤリハットの書き方 等
  6. 参加者の声(H28年)
    • 普段の業務の中でも具体的で明確な記録を心がけていましたが、書き方のポイントや落とし込んだほうがいい事項も改めて考えることができました。
    • きちんとヒヤリは書けるようにしたいと思いました。職場の職員にも自分の書いたものを見て学んでもらえたらうれしいと思いました。